人気の占い紹介

占いおすすめランキング

スピリチュアルの泉

chart
explanation

詳細はこちらから!


恋と運命の真実

  • http://niku-mail.net/img/10733_200_200_02.jpg
  • chart

explanation

詳細はこちらから!

  • chart

explanation

詳細はこちらから!


仕事に占いを活用する

占いとは娯楽的要素が強いと思っている人も多いかもしれませんし、若い女性が恋愛について相談するものというイメージも強いでしょう。
そのため会社員が仕事について占いをしてもらうというと占いで?と思うかもしれません。
しかし仕事の悩みって誰に相談すればいいのか難しかったりしますよね。

例えば友達でも業種が違うと仕事の大変さなどをなかなか理解してもらえないと感じてしまいますし、同僚はライバルだから弱みを見せたくないと思うかもしれません。
ですが同時に自分一人で悩んでいると客観的な意見も欲しいと思ってしまうわけです。
特に転職などはその後の人生に大きな変化を与えるものですから慎重に結果を出す必要があります。

しかし同時にタイミングも大事です。
今じゃないともう間に合わない、後からあの時転職していれば・・・と後悔し続ける人生も嫌ですよね。
安易に転職する事はおすすめ出来ませんが、もし真剣に転職を考え、転職をするならどのタイミングがベストか知りたいというのであれば占い師に占ってもらうといいでしょう。
他にも仕事に関しては昇進や転勤の際、また大きな取引があって決断を迫られている時など占ってもらうという人もいるでしょう。

社長や政治家クラスの人も実は占いをしている人が少なくありません。
もちろん国を動かすのに占いの結果で決めているの、そんなの無責任と思う人もいるかもしれません。
ですが世界中でいろんな場面で政治と占いは深く関わってきたという歴史がある事も事実です。
占いに全て丸投げして決めているわけではなく、深く考慮して自分の中で答えを決めて、その答えで正しいと言われて安心したいための安定剤的な役割なのでしょう。

四柱推命についてもっと知りたい

四柱推命という言葉は聞いた事があるし、占いの書籍のコーナーに行けば四柱推命の書籍もたくさん売られています。
それぐらいメジャーな占いだと言えるでしょう。しかし実際に四柱推命がどんな占いなのかよく知らない、イメージ出来ないという人も多いのではないでしょうか?
タロット占いならタロットカードを使う、水晶占いなら水晶をのぞき込んで占いなどの分かりやすさがないですよね。

四柱推命の歴史は古く中国で1500年前に発祥したとされています。
生年月日と干支と具体的な事象を推察していく事で占うために非常に難解な占い方をします。
しかしそれゆえに占いの中でもかなり高い的中率を誇ります。
占いとは発祥した時点で完成されたものではありません、たくさんの占い師や学者がさらにその占いを研究しさらに長う歴史の中で成長し的中率をアップさせていったのです。

四柱推命とは生まれてから死ぬまでに先天的な運命と後天的な運命があり、過去、現在、未来の全てを占う事が可能です。
またその占い内容も個人の性格や気質を占い事が出来るためにどんな仕事が向いているのか適職やどんな相手が向いているのか相性などを占う事も可能です。

四柱推命の中では人間は大きく分けると4つのタイプに分類されると言われています。
1つ目のタイプは組織に属して成り上がっているタイプ
2つ目のタイプは商売人のタイプ
3つ目のタイプは学問やスポーツで成功するタイプ
4つ目のタイプは三角支柱と呼ばれるタイプで、お金に恵まれるけれどお金でトラブルになる可能性も高くなります。
あなたはどのタイプに属すると思いますか?

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.